営業紙芝居 現場指導専門営業コンサルタント 営業紙芝居 現場指導専門営業コンサルタント

売れる商品とは?(例:LED)
お客様に「笑顔」を届ける商品!

ホーム » 売れる商品とは

※売れる商品とは?
売れるように作り込んだ商品です。
お客様を「笑顔」にします!

ネット社会になり、情報は無料で大量に入手できる。
お客様は、自分で必要があれば必要な商品を調べて自分で購入できるようになった。
営業マンしか情報を持っていない時代とは比較にならないほど売りにくい時代になった。

では売れないのか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

お客様は「無知」です。
変な意味ではなく、「シロート」だという意味です。
だから、必要なものや、興味があるもの以外の知識を得ようとは思わないのです!

我々対面営業を行っている会社は、欲しいお客様に商品を販売しません。
興味も、関心も、もっと言うと「不要だ」と思っているような商品の価値、必要性、お客様の隠れた問題点を引きずり出し、
お客様に関心を持たせ、「欲しく」させて売るのが仕事だと言えます。

つまり、お客様が自分から情報を得ようとしていない商品、もしくはその必要性を感じていないものを提供します。
だから、お客様は、その情報を持っていません。
無知な状況は、今も昔も変わらないのです。

もちろん、欲しがっているお客様に販売するケースもあります。
その場合は、ネットや他社競合との熾烈な争いに巻き込まれることを覚悟する必要があります。
あまり、お勧めできません。

では、どのようにすればいいのか?

 

独占市場を構築する!

 ※あなたから購入するしかないUSPを作り出す。
 ※切り口を変えて考える。
 ※他社と戦う市場で戦わない!

競争しない選択をしましょう!!
つまり、お客様はあなた以外の選択肢がないような状況を作り上げる。
それができれば、あなたは他社と争う必要なく、あなたを求める方に価値を提供して、
売上を独占できるのです。

売れる商品を作り込む必要があります。


売れるように商品を作り込む

あなたからその商品を購入しなければならない理由はなんですか?
なぜ?あなたじゃないといけないのでしょう?
競合他社が安いかもしれません。
ネットで購入すれば営業マンに会う必要もないでしょう。

それなのに、あなたの会社からお客様が購入したほうがいい。
そんなあなたの会社のUSPを、あなたや営業マンは熟知しているでしょうか?
もし、明確な「理由」がなければ、売れる商品を作り込めていないのです。

多くの営業会社の社長は、「メーカーから仕入れて販売しているだけだから、USPなんてない。」
そう、思われているかもしれません。

では、あなたが購入する場合、理由もなくネットより高い金額でどっかのお店から商品を購入しますか?
「そんな馬鹿なことはしない!」
そうなんです。
みなさん、お客様は同じように考えられているのです。

どうすれば、仕入れて販売しているだけの会社が「売れる商品」を作り込めるのでしょう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

僕がLEDを販売したのを例にお話します。

2010年秋に生まれて初めてLEDの照明器具を見ました。
水銀灯型のLEDで10Kg以上の重さが有りました。
点灯して、その明るさに「ビックリ!」しました。
目が開けていられないほど眩しいのです。

それ以上に驚いたのは、そのLEDの消費電力でした。
たったの50Wでした。

「50W?」僕がイメージしたのは、昭和のトイレの電球でした。
僕が子供の頃のトイレは、裸電球だけで薄暗いイメージでした。

その50Wで目がくらむほど眩しいのです!!
「凄い商品だ!」
僕は、その商品を世のため、日本の将来のために販売するべきだと即断しました。

僕はビジネスホンやOA機器販売を20年以上にわたって行ってきましたが、
LEDなど照明器具の販売は初体験でした。
そこで、電気に関して勉強をすることからスタートしました。
東京電力のサイトで学んだり、実際に東京電力に行って学んだりしました。

また、当時は日本メーカーはまだまだLEDの照明器具の製造に力を注いでいませんでした。
競合他社も大塚商会ぐらいしかLED販売をしていなかったので、
それこそ、いろいろな輸入業者から商品を仕入れて、比較して使ってみる。
実際に販売してお客様で試してみる。

そんな多くの経験を積んできました。
そして、当社ならではの【売れる商品】としてLEDを作り込むことができました。

1.大義名分を明確に構築
2.日本のプライベートブランドでメーカー7年保証付き
3.社長の僕が電気工事の資格を取得し、工事もできる
4.リース導入も可能になった
5.埼玉での豊富な設置事例と削減効果の事例

これを、売るためのシナリオに落とし込み、商談をステップバイステップに分けて行うことで、
売れる商品としてお客様に認知頂くことができるようになったわけです。


この「笑顔」を見たときの感動は今でも忘れません!涙が溢れそうになりました。
(2012.4 保育園に136本蛍光灯型LEDを導入頂いたときの園長の笑顔です)

しかも、僕の個別コンサルのクライアントに同じ商品を、同じ売り方で販売してもらいました。
驚く程の成果が出た!のです。

・LEDを初めて販売した社長が、3ヶ月で1360万円LED売り上げた!
・売れなくて悩んでいた営業マンが、指導の通りLEDを提案したら老人ホームで600万円受注に成功!
 など、実績が出ております。

誰でも、同様の成果を手に出来るのです。
あなたも法人ユーザーがあって、顧客満足度が高ければ、同じように売上を上げることが可能でしょう。

このように、売れる商品を作り込む。
売れるシナリオを作り込む。
適正なステップでお客様と商談を進めるなど、成果が出る具体的な方法をそのまま実行するだけで、
驚くほど簡単に、売れてしまうのです。

気になる方はぜひお試し下さい。
まずは、無料相談をしてみてください。

 

営業紙芝居 現場指導専門営業コンサルタント