営業紙芝居 現場指導専門営業コンサルタント 営業紙芝居 現場指導専門営業コンサルタント

島田安浩(基延)について

ホーム » 島田安浩(基延)について

プロフィール

 

肩  書
営業コンサルタント
氏  名
島田 安浩(基延)
トピック

1989年入社3年目にフォーバルで株式上場経験
2004年創業取締役としてレカムで株式上場を達成
著  書

シナリオ営業術(日本実業出版社)
営業リーダーへこれがあなたの仕事です(実務教育出版)
プロフィール
 島田はコンプレックスの塊だった。
売れないことで悩み何度も辞めようと思いながら8ヶ月目に開眼した。
指導に悩み、何度も挫折しながらパラダイムシフトを経験し、指導に目覚め、FC指導で奇跡を起こした。
 そんな島田だから『営業で苦しむ人を無くす』ことを目標に、誰でも簡単に売れる仕組み【営業紙芝居】を提供し、現場でともに泥にまみれクライアントを笑顔にする活動を行っている。

 

ご 挨 拶

僕は、営業で苦しみ続けたコンプレックスの塊です!
1.営業不適合者!「話せない」「笑えない」「緊張症」でも、売れないまま辞めたくなかった。島田安浩
  朝8時から夜10時11時まで毎日飛び込みを続け8ヶ月目にやっと売れるようになった。
2.「部下=奴隷」上司失格者だった!
  そんな僕がこいつこそはって必死に指導した社員がたった3ヶ月で退社した。…
3.経営者に向かない性格!「優柔不断」「自分でやらない」「人任せ」
  「もう楽になりたい、…」自殺を考えるほど追い込まれた経験をした。…

営業で苦しむ人を無くしたい!

過去の自分、売れなかった自分、指導できない自分、経営者失格の自分を救いたい。
だから、他人任せの営業ではなく、コントロールできる営業を提供しています。

営業はスポーツと同じで、実際に試合や練習を繰り返さないと上手くなりません。
ところが、スポーツとの大きな違いは、「型」が存在しないことです!
みんな自己流なんです。
だから、指導ができないだけじゃなく、管理も育成もできないという仕事なのに、社員任せという、
非常にコントロールしにくい特徴を持っています。

また、お客様に合わせて提案をするので、1件1件話す内容が変わります。
それを新人に指導なんてできないのです。
このままでは、営業の3つの苦しみは永遠に無くなりません。

僕が指導している営業は、『営業紙芝居』と呼んでいる手法です。
ipadを紙芝居のようにペラペラめくると、次回提案書提出に結びつくという魔法の方法を開発し指導しています。
すると、営業シロートの60歳の営業が3千万円LEDを売ったり?!信じられない事例がたくさん出ています。

この手法を活用し、営業で苦しむ人が無くなる未来をあなたと一緒に作りたいと思っています!
ぜひ、笑顔の輪を日本全国に広める仲間になってください。

※現場で経験して売れるようになる軌跡です下記動画を確認ください。

 

※部下=奴隷 そんな僕が指導者として目覚めるまでの動画です。


※経営者失格の僕がなぜコンサルをやっているのか。

営業紙芝居×顧客LTV最大化に関して解説

営業紙芝居 現場指導専門営業コンサルタント